PVで振り返るアンジュ・ヴィエルジュ


「あ、今週ブログまだ誰も書いてない!」
そう思った時には荒井Pも大和田先生もオフィスにいませんでした……
ようがす。
そうなれば書くのは僕しかいませんね。
そんなわけで、全国の2人のファンには申し訳ないのですが、今回も僕、イシグロDがお送りいたします。

9章も発売されてはや2ヶ月。
ここいらでそろそろ、「9章らへんで公開された事実」の整理でもしてみましょう。
10章からは序盤に張りまくった伏線を一気に回収していくので、そろそろ解説しないと分からなくなりそうですしね。

お気づきのかたはお気づきかと思いますが、「アンジュ・ヴィエルジュ プロモーションアニメ 2014」って、5章までのアンジュの振り返りであると同時に、2015年の展開――というか、《ブルーフォール》までの予告編だったのですよ。

「ハハハ後付乙」とか思うでしょう?
実はマジなんですよ……

では、「アンジュ・ヴィエルジュ プロモーションアニメ 2014」を振り返ってみましょう。

このアングルで見ると青蘭学園って学園都市感すさまじいですね。そしてユーフィリアが「旗取ったどー!」って言ってるっぽくてかわいい。
ここでユフィが、世界の結末を変えるために未来からやってきます。
ちなみにユフィはここでエネルギーを大きく消耗してしまっているのと、以前どこかで話した通り「白の世界の技術は青の世界で互換性がない」ために、大規模な時間跳躍は行えなくなっています。
「時間跳躍あるから楽勝でしょ」と言われがちなユフィですが、何度も時間跳躍してしまうと、最終的にズレが大きくなってどうしようもなくなる……なんてのは、ユフィが最も避けたい事態。
ごくごく短い時間……それこそ攻撃を躱すくらいの短い時間ならともかく、1日をまるまる巻き戻すなんてことはできない(したくもない)のが現状です。
たまにコミカルっぽいネタのときに時間跳躍してたりしますがそこはまぁ大目に見てあげてください。コミック力場ってやつですよ。

ある程度エクシードを使いこなせるプログレスはだいたい空が飛べるようになるんですが、その場合スカートの下がどうなっているかは永遠の謎です。アニメのときどうしよう……
「多くの可能性を生み出すこと。それが、この世界を救うただ一つの方法」
ここで多くの方が「アウロラさんなに意味深なこと言ってるの?」と思ったでしょう。
これ、記憶を取り戻したアウロラさんなんですね。
そしてアウロラは七女神の一人(ちょうえらい)なので、世界の存続に必要なものが「可能性」とかいうエネルギーであることを知っているわけです。
いやー果たして可能性ってどうやったら生み出せるんだろうなー?
なんだかアンジュマガジン2号の「なぜなに! アンジュ・ヴィエルジュ」に重大なヒントが隠されてる気がするぞぅ?

そしてこれ。
ビミョーにアゲハさんが不服そうなツラをしているのも今なら理由が分かりますね。

やってることは傍から見れば、周りの迷惑を顧みない極悪人なんですが、やってることはミロクなりに筋が通ってたんですよね。シルトもフラグメンツ052で言っていた通り……
この「ニヤァ」ってしてるのがミロクさんです。
この人が《ブルーフォール》の首謀者。
マユカをいじめたり、アゲハを脅したり、スレイを派遣したりしていた、過激派の黒幕さん。
他の4つの世界を犠牲にしてでも緑の世界を守る、という普通選べない選択をした人ですね。
言うことを聞かないけど腕は確か、という理由で実行犯にアゲハやスレイを選んだあたりが敗因な気がします。
(どこかでブルーフォールの顛末は公開したいですね……)

丸1年かけてPVの伏線を回収したアンジュは、次なるステージに入っていきます。
世界水晶の可能性。それが減る原因は、次の10章にて明らかになります。
もう2章あたりからワードだけは出てるのでバレバレかもしれませんが……

青蘭学園はどうなっていくのか?
そこで暮らすプログレスとαドライバーたちの行く末は?

ここから加速していくアンジュと、プログレスたちの物語を楽しんでいっていただけると幸いです!

魔女王、襲来


プロデューサーの荒井です。

本日はニコニコ生放送にて「『アンジュ・ヴィエルジュ』『ドレッドノート』来期計画発表会」を開催いたしました。リアルタイムでご覧いただいた皆様、ありがとうございます。そこで話した内容を書こうと思ったのですが、わざわざ文字で起こすよりも見てもらったほうが早いと思いますので、是非タイムシフトでご覧ください。

さて、本日は「今日のカード」で公開された新カード《常闇を総べる魔女王 ミルドレッド》について紹介していきたいと思います。なぜこのカードを取り上げるかというと、10章のキャラでmostお気に入りだからです。「今日のカード」の一言コメントではとても語りつくせなかったのでこの場を借りて思いのたけを語らせていただきます。
このミルドレッドさん、フレーバーでちょこっと登場していた黒の世界の「魔女王」です。一言でいうと「ソフィーナの上司」です。

<設定>
なんかすごい魔力を持ってる魔女の王。黒の世界の実力者である「十二杖」(アルスメルとか)のさらに上。
・世界接続に端を発する異変の原因を調査するためにソフィーナを青蘭学園に派遣した。ソフィーナの実力は認めており、自身の右腕と思っている。
・なんか異変の核心に色々迫っているっぽい。さすが魔女の王。
・9章で緑の世界が《ブルーフォール》を起こしたことで、ソフィーナも何かに気付いた模様。そんな状況を見て「そろそろ出番か」ということで青蘭学園にやって来た。
「ウロボロスも見つけたことだし…もう引退していいか?」とか言い出しちゃったりするアンニュイ系美女。大好物です。ありがとうございます。

<ミルドレッドさんのここがすごい!>
・除外するほどパワーが上がり、かつ自らの力で除外することもできる自己完結っぷり。さすが魔女の王。彼女の魔力の前では捨札に存在することすら許されないのだ!
・本気モードでのパワー15000は、リーリヤ&ルルーナや本気ペネルをも上回り過去最大の数字。デカい!説明不要!
・相手ターンにも15000を維持できるので、ガードで1枚切って19000にすれば大抵のアタックは止められる。手札を増やしにくい黒Σにとって、ガード枚数を節約できるのは嬉しい。
・クロスリンクで相手のリジェクトも封じる。高パワー、手札破壊、そしてダメージ効率アップを兼ね備えた、完全無欠のプログレスなのである!

なんというか、圧倒的ボスキャラ感が漂っていますね。
そんなミルドレッドさん、デッキとして活用していくにはどうしたらいいか?まだ10章のリストも上がってない中で気の早い話ですが、今判明しているカードで相性のいいのはアルスメルですね。

 

6章の《十二杖 アルスメル》はもちろん、先日の「今日のカード」で公開された新たなフレームの《気怠い朝 アルスメル》も、能動的に相手のカードを除外できるので、ミルドレッドさんのパワーアップを手助けしてくれそうです。10章ではまだ未公開のカードの中にも相手のカードを除外できるカードがいくつかあるので、「黒Σ除外ハンデス」という新しいデッキタイプが作れそうな気配ですね!

というわけで、魔女王ミルドレッドさんの紹介でした。10章の新ヒロインは今後も随時公開していきますので、続報をお楽しみに!

9章ヒロイン紹介 ナツナ・トオナギ


美伽の登場で「千尋の立場が危うい」と仰っている方を見かけました。
(※千尋=「アンジュ・ヴィエルジュ ~第2風紀委員ガールズバトル~」でプレイヤーであるαドライバーの妹となる、人気のプログレス)

いやいや、何を仰っているのです。
千尋は「妹」美伽は「親戚」ですからね?
この違いは……ね?
もうみなさん、お分かりですよね?

さて、本日、アンジュ・ヴィエルジュ第9章「穢れなき世界のために」発売!2013年に始まったアンジュも9章まで来ました!
ひとえに皆さまの応援お陰です。
来年はあれやこれやありますので、変わらぬご愛顧のほどを、何卒。

9章ヒロイン紹介の5回目は、グリューネシルトからナツナ・トオナギ嬢です。

ナツナ・トオナギ。
漢字で書くと、遠薙夏菜となります。

そう、遠薙という苗字にピンときた方、当たりです。
彼女こそ5章で深雪が語っていた生き別れの妹

深雪がプログレスとなったのですから、ナツナが選ばれるのも当然のことでしたね。

子供の頃に失踪したナツナは、グリューネシルトにエトランジェとして漂着していました。荒廃したグリューネシルトにおいて、身寄りもない子供が生きていくのは困難を極めます。
なにせ家族を養うのもやっとの生活水準で、見ず知らずの子供の面倒を見る余裕など誰にもありません。

しかし、ナツナにとって果たして幸いだったのは、早々にグリューネシルトの世界水晶に選ばれ、プログレスとなったことです。フラグメンツにもある通り、グリューネシルト……正確には統合軍にとって、プログレスは優遇すべき人材。
ナツナはエクシードを使って生き抜き、最終的に統合軍に拾われることになります。

ここでナツナはプログレスとしての才能をさらに開花させました。
ナツナが選んだ道は、実力主義の統合軍において、自らの力で居場所を築くこと。
元より、捨てるものなどない身の上。
地球の出身とはいえ、どうやって来たのか、どうやって帰るのかも分からない。
グリューネシルトで生きるしか、ナツナには選択肢がなかったのです。

この身軽な形相は、速さを追求した結果であって別に露出狂なわけじゃないんです!ビキニアーマーの構え!

彼女のエクシードは、近づくもの全てを必ず追尾・捕捉する蛇腹剣エンドブレイザー。加えて、エクスペンドすら寄せ付けない速さを武器に、統合軍で最速のプログレスとして、名を馳せます。
そうして彼女は、グリューネシルトがもう「長くない世界」だと知ります。
ナツナは「必死で作った居場所だし、精一杯あがいて、死のう」と決意。
誰も信頼できない、グリューネシルトで独りぼっちである、という孤独を受け入れて、淡々と任務をこなしていました。

しかし、そんな中で発生したのが、故郷である青の世界との世界接続。
そして、青の世界水晶強奪作戦《ブルーフォール》への招集。

当然ながら、ナツナは現在の深雪が青蘭学園にいることなど知らず。
同じくプログレスとなっていた姉、遠薙深雪との再開をするのですが……

背景からも分かる通り、これ深雪のお絵かきを覗いてるところです。声をかけられないもどかしさ。あとなんか下半身エロいですね?

……おお、なんだかナツナ9章の主人公ぽいですね。
この辺の顛末は、フラグメンツにて描かれていますので、グリューネシルトの情勢に興味があるかたはぜひ。

今回のフラグメンツめっちゃ長いんですが、

・深雪とナツナが気になる
・ユニとアインスが好き
・ユーフィリアとセニアの関係って?
・そもそも世界水晶ってなんなの?

という方は、楽しめるんじゃないでしょうか。

あ、統合軍の中で軍服をいじってるのは大体「超強いやつ」と思ってもらって大丈夫です。米軍のエースパイロットのパーソナルカラーみたいなイメージですね。
ちなみに、アインスやユニの着ているものは、特務隊のものなのでまた別です。

うーん、ちゃんとナツナと深雪の再会から衝突、そして……のところのエピソードは用意してあるので、どこかでなるべく早く公開したいものですね(チラチラッ)。

ナツナと関係が深いのは、今回うるさい上司として登場しているスレイ・ティルダイン、エース繋がりでリーリヤ・ザクシードルルーナ・ゼンディア、あとアインス。そして何より遠薙深雪でしょうか。ちなみにナツナは特務隊所属でなく、どこでも出張して任務を達成してくるお助け遊撃兵みたいな立ち位置です。

恒例の9章でのキャラクターの活躍は……

ぜひ、本日発売の「穢れなき世界のために」をプレイしてイメージしてみてください!10月18日(木)には青蘭学園祭2015 秋 関東大会もありますので、アンジュ2周年をお楽しみいただければ幸いです!

Twitterアイコンの配布キャンペーンもやっておりますので、こちらもゲットしてみてください!(以前のはスマホでダウンロードできなかったので今回はスマホからもダウンロードできるようにしたよ!)