どんなデッキを組む? デッキタイプ解説 Ω編


前記事では、デッキには大きく分けて
「Ω」「Σ」(と混合)
がある、と書きました。

ここでは、その中でもΩについて、ちょっぴり詳しく解説していきます。
それではまず、Ω全体の特徴についておさらいしてみましょう。

Ωデッキの特徴==========================================

一言で言うと、ちょっぴり大味だけど、ハマると強い。

■できること(得意なこと)
・ドロー
・高ストライク(1回の攻撃あたりの与ダメージが大きい)
・バーン(相手に直接ダメージを与える)
・エナジー加速(コストになるエナジーを増やせる)

■メリット
・与ダメージ効率がいい
・手札を補充しやすいので、攻めにも守りにも汎用性が高い

■デメリット
・確実に欲しいカードを手札に加える手段に乏しい
・狙ったカードを場に出せないことがあるので、展開が遅れがち

=====================================================

アンジュでは、「フレーム」のほかに、
「色(出身世界)」によって、プログレスの得意なことが異なります。
ここでは、どの色(世界)のプログレスが、何を得意としているかを説明します。

青Ω=ドロー

潤沢な手札で、臨機応変に動ける。

ドローを能力として持つプログレスが多い。
そのため、手札に困ることが少なく、選択肢が豊富。
手札が多ければガードもしやすいので、守りも固い。

代表的なプログレスは、
日向美海、那月琉花、遠薙深雪、風魔忍、月ノ宮赫夜。

日向美海 那月琉花 遠薙深雪 風魔忍 赫夜

黒Ω=高ストライク

高威力の一撃で、一発逆転も可能。

ストライクの上昇させ、一撃で3~4点を狙えるタイプ。
与ダメージ効率は全デッキ中でも1、2を争う。
止めなければ大ダメージ必至なので、相手にガードをさせられる。

代表的なプログレスは、
イレーネス、ロザリー、クルキアータ、リュミエール、リゼリッタ。イレーネス ロザリー クルキアータ リュミエール リゼリッタ

赤Ω=バーン(直接ダメージ)

相手がどれだけ堅固でも、固定値は裏切らない。

アタックの成否に関わらず、相手に直接ダメージを与えるのが得意。
パワーの上昇値は控えめだが、どんな相手でも安定して立ち回れる。
捨て札から手札を補充できるプログレスも多く、青Ωほどでないにしろ手札で悩むことは少ない。

代表的なプログレスは、
アウロラ、ルビー、ミシス、フェルノ。

アウロラ ルビー ミシスフェルノ

白Ω=エナジー増加&山札直接登場

コストは踏み倒すもの。

エナジーの増加や、プログレスを山札から直接出すことができる。
これにより展開速度はΩの中でも随一。
相手に先んじて強いプログレスを場に出せるため、攻撃面・防御面で相対的に有利に立てる。

代表的なプログレスは、
カレン、メニル、ペネル。

カレン メニル ペネル

緑Ω=妨害

相手が何もできないなら、負けることはない。

緑は他色と異なり、ΩΣに関わらず相手を妨害する能力に特化している。
リンクでめくれる枚数の上限を減らしてリンクを妨害したり、
相手をフォールし続けて行動を制限したり。
自分はやりたいことをして、相手にはしたいことをさせない、という戦い方が得意。

代表的なプログレスは、シルト、スレイ、ルルーナ。

シルト スレイ ルルーナ

……設定的にはバリバリの軍事世界なので、
邪魔するというより斬り結んでるから隙を与えないとか、
砲撃のせいで身動きが取れないとか、
謀略を巡らせて動揺させるとか、そんなイメージだったりします。

また、アンジュは現状、色の縛り(同じ色でしかデッキが組めない)はあまりないので、
例えば「青Ωと黒Ωを組み合わせて、ドローとストライクに優れたデッキを組む」ということもできます。
好みの戦術やプログレスから、デッキを考えてみると良いと思います。

■どんなデッキを組む? デッキタイプ解説 Σ編

■どんなデッキを組む? 基本編
■楽しいアンジュの始めかた プロローグ