どんなデッキを組む? デッキタイプ解説 Σ編


■どんなデッキを組む? デッキタイプ解説 Σ編

前記事では、デッキには大きく分けて
「Ω」「Σ」(と混合)
がある、と書きました。

ここでは、その中でもΣについて、ちょっぴり詳しく解説していきます。
それではまず、Σ全体の特徴についておさらいしてみましょう。

Σデッキの特徴==========================================

一言で言うと、攻撃力はそれなりだけど、最速で展開できる。

■できること
・アウェイク(つまり2回行動)
・手札破壊(相手の手札を捨てさせる)
・捨札活用(捨札からカードを回収したり場に出したり)
・回復&高防御力(ダメージを受けず、回復することで「負けない戦い」ができる)

■メリット
・サーチ(山札から好きなカードを探す)手段が豊富なので、手札事故が少ない
・エナジーを無視して出せるカードが豊富なので、展開が早い

■デメリット
・全体的に一撃が軽いので、攻撃回数を増やす必要がある
・手札補充の手段が少ないので、守勢に回るとジリ貧になりやすい

======================================================

アンジュでは、「フレーム」のほかに、
「色(出身世界)」によって、プログレスの得意なことが異なります。
ここでは、どの色(世界)のプログレスが、何を得意としているかを説明します。

青Σ=アウェイク

2回アタックできるなら、倍勝利に近づける。

攻撃後、アウェイクする・させるプログレスが多い。
実質的に2回攻撃なので、相手に2回ガードを迫ることができる。
Σデッキの中でも、最も攻撃力が高いデッキタイプ。

代表的なプログレスは、
御影葵、高峰さくら、小鳥遊希美、岸部沙織。

葵 高峰さくら 希美岸部沙織

黒Σ=手札破壊

TCGでは、手札がなければ何もできないと同義。

相手に手札を捨てさせる、手札破壊が得意なタイプ。
こちらのリンクが成功するたびに相手は手札が減るので、ガードもできず、次のターンでもドローが悪ければ展開も遅れる、という事態に。

代表的なプログレスは、
ソフィーナ、ウェンディ、カサンドラ、アルスメル、クラリッサ。

ソフィーナ ウェンディ カサンドラ アルスメルクラリッサ

赤Σ=捨札活用

 手札にないなら、捨札から呼んでくればいい。

捨て札のカードを直接場に出したり、逆にデッキから不要なカードを捨て札に送ったりと、ピーキーな動きをするタイプ。
展開速度は全デッキタイプ中でもトップクラス。
エナジー関係なく強いプログレスを場に出していけるのが強み。

代表的なプログレスは、レミエル、アーシア、アマノリリス、エクスシア。レミエル アーシア アマノリリス エクスシア

白Σ=回復&高防御力

負けなければ、勝てる。

相手のターンまで継続するパワー上昇と、ダメージ回復が特徴。
全タイプの中でも最も守りに長けており、相手のアタックが通りにくいので負けない戦いが得意。
しっかりと守り、着実にダメージを与えて勝利に近づく。

代表的なプログレスは、セニア、ユーフィリア、テルル、リーナ、ヴェノム666、ニクス。

セニア ユーフィリア テルル リーナ ヴェノム666 ニクス

緑Σ=妨害

相手が何もできないなら、負けることはない。

緑は他色と異なり、ΩΣに関わらず相手を妨害する能力に特化している。
リンクでめくれる枚数の上限を減らしてリンクを妨害したり、
相手をフォールし続けて行動を制限したり。
自分はやりたいことをして、相手にはしたいことをさせない、という戦い方が得意。

代表的なプログレスは、マユカ、アインス、リーリヤ。

マユカ アインス リーリヤ

……設定的にはバリバリの軍事世界なので、
邪魔するというより斬り結んでるから隙を与えないとか、
砲撃のせいで身動きが取れないとか、
謀略を巡らせて動揺させるとか、そんなイメージだったりします。

また、アンジュは現状、色の縛り(同じ色でしかデッキが組めない)はあまりないので、
例えば「白Σと黒Σを組み合わせて、防御に優れた手札破壊デッキを組む」ということもできます。
好みの戦術やプログレスから、デッキを考えてみると良いと思います。

■どんなデッキを組む? デッキタイプ解説 Ω編

■どんなデッキを組む? 基本編
■楽しいアンジュの始めかた プロローグ