第3回なぜなにエクシード


プロデューサーの荒井です。

6/30発売のスターターデッキ&7/14発売のブースターパックから導入される新システム「エクシード」について解説する「なぜなにエクシード」。第3回をお送りします。
→第1回はこちら
→第2回はこちら

さて、前回まででエクシードの基本的な使い方やドライブについてお伝えしました。
今回は、エクシードを使うために必要な「チャージ」について説明していきます。

まず、そもそもエクシードゾーンに置いたエクシードはどうなるのか?その場に残るのか、それともアクションのように捨札に行くのか…というのを説明していませんでしたね。
エクシードは、ターン終了時に“裏向きになって”エクシードゾーンに置かれます。これは「チャージ」と呼ばれ、裏向きになったのでエクシードカードとしての能力を使うことはできなくなります。そしてターンが進めば、チャージの枚数はどんどん増えていきます。

※画像は開発中のものでイラストは仮です。予告なく変更される場合があります

では、このチャージというのは何かと言いますと。
エクシードにはそれぞれ、エクシードゾーンに出すためのチャージ枚数が条件として設定されているのです。

左側の丸数字がそれです。この場合は「0」なので、チャージが1枚もない状態でもエクシードゾーンに出すことができます。
一見、プログレスやアクションのレベルのように見えますがそうではなく、エクシードを出す際には、エナジーをフォールするというコストは必要ありません。
「チャージ枚数」と、その横に書かれている「あなたのプログレスすべてが緑」などの条件。この二つの条件を両方満たしていれば、エクシードを出すことができるのです。

画像のような「チャージ0」のエクシードは1ターン目から出すことができます。
例えば「チャージ2」のエクシードであれば、自分の1ターン目と相手の1ターン目に1枚ずつエクシードを出していればチャージが2枚たまっているので、2ターン目から出すことができるというわけですね。
つまり、チャージ0~2は序盤の1~2ターンで使うカード。チャージ3~4は3ターン目あたりから使う中盤用。チャージ5以上は終盤の決め技、という感じです。もちろん、必要チャージ数が多いほど効果は大きくなっていきます。これらのチャージ数の異なるカードを、バランスよく組み込んでいくのがエクシードデッキ作成のコツです。

また、チャージが影響するのはエクシードだけではありません。次のスターターやブースターの収録カードの中には

・カードの効果でエクシードを表にしてチャージをためやすくしたり
・チャージが一定枚数以上だと大幅に強化されたり

といったプログレスカードが収録されていますので、うまくデッキを組めばターンが進むごとに自然にプログレスゾーンとエクシードゾーンの両方が強化されていくでしょう。

新環境のカギはいかにエクシードを使いこなすか、です。
ドライブによるパワー増加はバトルにおいて非常に重要であり、使えないとかなり損するため、表向きのエクシードが1枚もなくエクシードを出せないというターンは極力ないようにしたいところ。
そして毎ターンエクシードをちゃんと出せれば、チャージがたまっていき終盤用の強いエクシードでゲームを決めることができるようになります。

第1回で説明した「エクシードを出すためには、裏向きのエクシードを表にする行動をとる必要がある」というのがここでポイントになってきます。
これまではレベル2以上がアウェイクしているならとりあえずアタックしていましたが、これからは状況によっては「エクシードを表にするために敢えてアタックしない」というプレイングも肯定されるようになりますね。

というわけで、全3回に渡ってお届けしてきた「なぜなにエクシード」はこれにて終了です。
ぼちぼちスターターとブースターの新カードも「今日のカード」で公開できるかと思いますので、続報をどうぞお楽しみに!