禁止カード・コンビネーション制限カードの追加について


アンジュ・ヴィエルジュ プロデューサーの荒井です。

本日、公式サイトにて新たな禁止カードとコンビネーション制限カードの追加を発表いたしました。まずはプレイヤーの皆様、ならびにお取扱店様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
該当記事の「適用理由」に、今回の改定を行った理由について記載しておりますので、ご一読をお願いします。本日のブログでは、そこでは書き切れなかった各カード個別の選定理由について補足としてご説明したいと思います。

まず前提といたしまして、禁止カードや制限カード、そしてコンビネーション制限カードは、デッキの固定化を避けゲーム環境をより健全化することを目的としております。これを適用することにより、既にアンジュを遊んでいる皆様はより多様なカード・デッキを用いた対戦を楽しむことができ、そしてこれから生まれる新規プレイヤーの方々はより大会に参加しやすくなるだろうという考えがあります。
本来であれば禁止や制限はないに越したことはなく、またいたずらに増やすことも望ましくありませんが、そのような意図を持って追加していると、ご理解いただければ幸いです。

さて、今回の禁止カードおよびコンビネーション制限カードは、紗夜デッキに偏った環境の固定化を回避するのが目的であります。
数ある紗夜デッキのパーツの中でも、なぜ「永遠の後輩 佐久良舞衣菜」「希望の光 東条遥」を禁止という判断に至ったか、そして4種のコンビ制限をなぜ追加したか、その理由は以下の通りです。

<禁止カードについて>
・永遠の後輩 佐久良舞衣菜
9割以上の紗夜デッキで4積みされており、必須パーツ化しているフレームカードです。
このカードの強みは「手札を安定させる」効果が極めて高いことにあります。
紗夜デッキはプログレスカードにもサーチや山札の上を見るカードが多く、自然と手札の質は高まっていきますが、1ターン目から制限なく使えるこのカードの存在によって、サーチの対象にならない「スクランブル・フォーメーション」など影響力の高いアクションへのアクセス率が極めて高くなっています。
紗夜デッキの最大の長所である「安定性」を大きく伸ばすこのカードの与える影響を鑑み、禁止カードが適正と判断いたしました。

・希望の光 東条遥
9割以上の紗夜デッキで2枚程度採用されており、中~終盤のアタッカーの役割を果たしています。紗夜デッキはアウェイクから何度もアタックを仕掛けてくるデッキですが、通常のバトルによるダメージであれば、受ける側も取れる対抗策は少なからず存在します。
ですが、このカードはバトルではなく効果によって「ダメージゾーンに置く」形でダメージを上乗せできるため、それらの対策をすり抜けていくことができ、紗夜デッキをよりスキのないものにしています。
この「攻めの多様性」がデッキのフィニッシュ力を大幅に上げていることから、禁止カードが適正と判断いたしました。なお、「蒼月紗夜 シュートルミナス」でのサーチが容易なため、仮に制限カードとしても効果が薄いことを補足しておきます。

<コンビネーション制限カードについて>
禁止カード2種に加えて、さらにコンビネーション制限カードを追加したのは、紗夜デッキだけでなく美海デッキも含めた青系のデッキ全般が、他の色に比べて俗に「足回り」と呼ばれる序盤の動きの安定性が一段階高いことが理由です。これらのカードが共存できることが、環境全体が青に偏っている一因であると考え、禁止ではないまでもコンビネーション制限が必要と判断いたしました。

・新生徒会長 日向美海
美海デッキ用のカードですが、「紗夜&美海」のダブルネームを持つカードとのシナジーを狙って紗夜デッキにも1~2枚高確率で採用されており、「学園祭 蒼月紗夜」と共存することによって序盤の展開力を大きく高めています。

・学園祭 蒼月紗夜
条件によってレベルが上がるレベル1のカードですが「御影葵 刹那錬成」によってほぼ確実に条件を満たせるようになり、早いターンに「奔る閃光 蒼月紗夜」に繋げることによって高い安定性を得られるようになっています。

・御影葵 刹那錬成
「学園祭 蒼月紗夜」とのシナジーはもちろんですが、山札の消費が早い青いデッキにおいては「2枚削る」という行為自体にもリメイクを早めるという大きな意味を持ちます。

・異能相殺パラディウム
このカードのみ序盤の足回り用カードではないですが、元々防御力の高い青いデッキがこのカードを採用することで、それがさらに顕著になっています。青のカード全般と、コンビで採用しない方が望ましいと判断しました。

<その他のカードについて>
・波の女神 リューネ
紗夜デッキではなくエルエルデッキでの採用実績があるカードですが、このタイミングで合わせて禁止させていただきました。
このカードとメインフェイズの「絆を紡ぐ翼 エルエル」のリンクを合わせることによって一方的な退却状態にするのは「穢れなき轟槌 エクスシア」の頃から存在したコンボではありますが、現在の環境からするとゲームバランスを壊す危険性があります。
紗夜デッキほど実績を残しているものではありませんが、ゲームの健全化のため禁止とさせていただきました。

・リザレクト・ソング
制限カードを解除しております。
従来は数あるアクションの中でも屈指のパワーカードといえる存在でしたが、「スクランブル・フォーメーション」や「短期集中ブートキャンプ」といった同系統のアクションが各色に存在していることもあり、以前ほど絶対的な存在ではなくなっています。
現在のカードプールであれば、複数枚デッキに入ってもさほど影響はないとの判断から、制限を解除いたしました。

本制限は12月1日より適用されます。12月からの「フェスティバル」など各種イベントにおいては、より多様なデッキが活躍できるよう調整された環境で、アンジュを楽しんで頂ければと思います。

それでは、今後もアンジュ・ヴィエルジュをどうぞよろしくお願いいたします。