TCGプロデューサーの仕事って?


声を大にしていいましょう!
「我々は! ブログを! 毎週更新します!」
去年、果たされなかった大和田先生のこの公約。

荒井PとイシグロDが加わることで、
「3週間に1回書けば良い」ことで解決しようと思います!
(根本的な解決になってない)

しかし、果たしてプロデューサーとはブログを更新できないほど忙しいのでしょうか?
「TCGのプロデューサーってどんな仕事をしてるの?」とか、
「将来、TCGに関わる仕事をしたい」とか、思っている方も居そうなので、
今日は荒井Pの1日を観察してお送りしてみたいと思います。
(分刻みで観察するとイシグロDの仕事が進まないので時間は適当です)

ちなみに荒井Pは楽器が弾けません

(写真は大和田先生のベースを構える荒井P)

■10:00 印刷の立会い・検品
いきなり出社してくれませんでした。
印刷会社の工場に出向いて、7章の商品チェックです。
印刷の色は綺麗にでているか、封入率はおかしくないか、箱は組み上がっているか、キズや汚れはないか、など。
「商品の完成イメージ」はプロデューサーだけが持っているものなので、それと合致しているか、数十種類の項目を厳しく自分の目でチェックします。

■12:00 移動
無事、立会を終えて、移動。
印刷会社の工場は、たいてい都心から遠い場所にあるので
移動に時間がかかるのです。
こんな隙間の時間でもメールとTCGのトピックスをチェック。

■13:00 昼食
だいたい、13:00~17:00くらいまでが「昼食」とカウントされる時間帯です。
荒井Pはちゃんと昼食を摂る場合と、ファストフード or コンビニ弁当などの
「サクメシ(荒井P言動ママ)」の2パターンがあり、忙しさによって変わります。
大和田先生や営業さんたちと食べに行って、意見交換をしたりもします。

■14:00 進捗会議
アンジュチーム内で、商品内容や販促物、イベントの構成や
それに関係するスケジュール、その進み具合や問題点を確認します。
プロデューサーたるもの、チームの全体把握と最適行動の選択も仕事なのですね。

■16:00 カードの能力のチェック
遊宝洞さんから上がってきた、新弾のカードの性能やテキストを確認します。
面白いと思ってもらえるカードになっているか、テーマやコンセプトに沿ったデザインになっているか、ゲームバランスは適正か、表記はブレがあったり分かりにくくないか、をしっかりチェックします。

■18:00 イラストの発注
アンジュのイラストをイラストレーターさんに発注します。
どんなキャラクターかを分かるよう、魅力的に描いてもらえるよう、
そしてイラストレーターさんのイマジネーションを刺激するよう、発注内容をしたためます。
メールに「どうも、木製マイケルです」みたいなお茶目な返信がくると、嬉しそうに僕に報告してきます。

■20:00 退社
「俺、今日ショップに寄って帰るんで」と告げて早めの退社。
店舗さんは、商品とお客さんと触れられる情報の宝庫なので、荒井Pは定期的にいろんなお店に顔を出しているみたいです。

☆その他のたまにあるお仕事
■開発会議
アンジュのシステムを開発してくれている遊宝洞さんとの会議です。
「グォオオオ今度の章はこういう感じで行きましょう!」
「ウォオオオこのキャラはこういう能力なんでこうしましょう!」
「テメェエエエこれでRってちょっと強くないですー!?」
みたいな話をしています。

■辻アンジュ
僕が「荒井P……やりましょう……」と言うと
荒井Pが「ほう……よかろう……」と答えてゲームスタート。
なんと二人の机はこうなっていて、いつでもアンジュができます。

即席デュエルスペース

これも立派に仕事なんですが、周りから遊んでいるように見られる気がして、
定時内ではあんまりやらなかったりします。
荒井Pは恥ずかしがり屋さんなのです。

■まとめ
比較的、派手めな予定がある日をピックアップしてみました。
TCGを作るのは、なんだか凄そうなイメージを持たれるかもしれませんが、
テキスト一つとっても、地道で精密な作業と確認の積み重ねです。
そして、どの会社でも間違いないのは「チームでやる仕事」ということです。
天才が一人いても、どうにもならないこともあります。
もし、この業界を目指す方がいらっしゃったら、
バイトでもなんでもいいので「チームで動く」経験をしておくと良いかと思います。

ちなみに、上記の中で「荒井Pがやらない仕事」はイシグロDに落ちてきます。
ヒャッフゥー! お仕事って楽しィー!

ちなみに、これはあくまで荒井Pの場合ですので、
もしご興味のある方はカードゲーマーの「業界人の履歴書」コーナーなどを読まれると楽しいですよ。
(他社の宣伝)

しかし今回、ブログのネタがなかったんで書いてみたんですが、
普通の記事書くより大変でした。

アンジュブログはネタを常に募集しています。
書ける範囲であれば書きますので、素朴な疑問、お待ちしております!